キャッシングを利用する前に大切なこととは|返済方法を要チェック

賢く利用しましょう

財布を持つ人

固定と変動

住宅を購入する時には、ほとんどすべての方がローンを利用されています。基本的には頭金を準備し、その残りをローンで返済していきます。その時に考慮しなければならないのが金利です。住宅ローンにはフラット35のような固定金利のものと変動金利のものとがります。金利は市場環境によって変動しますので、状況に応じて借り換えの検討も必要です。固定金利の住宅ローンとして有名なフラット35の特徴を見ていきましょう。金融機関ごとに金利は異なりますが、返済期間中は金利が一定です。フラット35の35は年数を表しており、つまり35年間は金利が変わらないことになります。この点におけるメリットとしては、返済計画が立てやすいということが挙げられます。変動金利はその逆で、適用される金利が定期的に見直されます。そのため、金利が下がっていく状況においては返済者に有利になりますが、反対に金利が上昇する場合においては不利になります。変動金利を用いる場合には、将来の環境を予測して動くことが求められます。そのほかにも、フラット35のような固定金利型と変動金利型の折衷案もあります。10年程度は固定で、その後見直しができるタイプです。返済期間が10年以上残っており、返済残額もそれなりにある場合、借り換えを検討してみてもよいのではないでしょうか。借り換えや繰り越し返済には手数料が発生します。そのまま返済し続けるべきか、それとも借り換えるべきかは慎重に検討すべきです。

Copyright© 2017 キャッシングを利用する前に大切なこととは|返済方法を要チェック All Rights Reserved.